通関士の試験情報

受験資格

年齢・学歴・国籍・職歴問わず誰でも受験することが可能

試験日

毎年10月

試験時間

9:30~15:20

試験科目

1、通関業法(20問)
2、関税法、関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(全30問)
3、通関書類の作成要領その他通関手続きの実務(輸出申告書(1問)、(輸入申告書(1問)、その他の実務(15問))

合格基準

5項目すべて満点の60%以上

出題形式

マークシート

受験料

3,000円

申し込み

7月下旬から8月中旬くらいまで

通関士の試験といっても特別なことはなく、通常の法律に関する試験です。ただ、通関士は通関書類の作成が多くなるので、それに関しての特別な学習をする必要はあります。

しかし、それでも慣れればそれほど難しいことではありませんし、初級者でも十分に対応できる問題です。後はどれだけ学習をつめるかです。

通関士の試験は、出題傾向が毎年似ていて、学習をすればするだけ点数の取れる試験になっています。

しかし、通信講座によれば、あれもこれも学習させ、何処が重要なのか、焦点が絞れません。ですから、通信講座選びが重要になるのです。

通関士に合格するためには重要なのは、学習量とどのように学習するかです。

つまり、どういった通信講座を選ぶかです。そのことは絶対に忘れないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です