難易度が高い理由を調査

なぜ難易度が高いのか

大抵の国家資格は難易度が高く簡単には合格出来ません。通関士に関しても難易度は高く、近年の合格率は10%前後です。

では、通関士のどういったところの難易度が高いのかと言うと、基本的に普段触れることのない知識を覚える必要があるからです。

通関士の問題のベースは関税法で、学生時代関税法を勉強した経験がある方は少ないはずです。

例えば、税関の手続きや通関続き、税率、課税価格の決定などです。こうしたことは、実際の仕事で携わっていないと、中々イメージしにくく、しかも知識がないので理解するのに一苦労します。

また、これは試験の難易度と少し意味あいが違いますが、通関士の受験者は社会人が多く、思ったような試験対策が出来ません。

たぶんこのサイトを見てくれている方の中には社会人もいると思いますが、学生時代のように勉強時間を取る事は不可能で、しかも、試験勉強から離れてえらく時間も経っていると思いますので、学習感覚も鈍っているはずです。

そうした状況で、試験勉強をするのは合格が難しくなってしまいます。

しかし、このサイトに訪れた方は、通信講座に興味を持っていると思うので、厳しい環境を補える学習方法を手に入れる事が出来ると思います。後はそれをあなたがどう活かすかです。

他のページでも同じようなことを言いましたが、結局最後に物をいうのは、学習量です。通信講座はその手助けをするに過ぎません。

毎年9割以上の方が通関士に不合格になり、その多くの方はそもそもの学習量が少ないのです。

ですので、大変なことも沢山あると思いますが、無理してでも学習時間を作り、必ず実行して下さい。

通関士の試験は、学習時間のあることが前提で、 学習ポイントを知り、講義を視聴しながら勉強すれば、絶対に合格できる試験です。

その事は忘れないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です